東京美髪研究所が推薦する全国の美髪矯正シルクレッチ®導入店は、縮毛矯正までを攻略しているのではなく、美髪矯正という結合強化技術の習得となります。縮毛矯正レベルは、艶羽(エンパニ®)導入店以外の他のどんなサロンへ行くより、レベルの高い内容を受けることができますが、艶羽(エンパニ®)導入店との違いは、明確な薬品設定と非常に繊細なアイロンテクニックの講習を修了していないことにあります。艶羽(エンパニ®)導入店は100%を求めますが、一般美容室技術レベルより縮毛矯正が上手いという部分をお求めであれば十分ご満足いただけます。

美髪矯正と縮毛矯正とのちがいは、毛髪が美髪になる化学的効果のみ残した技術になります。美髪になる毛髪環境を整える現象を使うと短時間で半永久的な美髪効果が毛髪に設定されます。この美髪環境は、強い刺激、薬品影響による結合のゆるみなどが起こらない限り毛髪は美髪環境を安定圏に置きます。例えば、毛髪の元々の性質を美髪矯正する、カラーなどの影響のダメージでも美髪矯正でき、縮毛矯正などのダメージでは、高難易度美髪矯正ということになります。ここで癖が混じると高難易度縮毛矯正ということになります。今回は、高難易度縮毛矯正攻略技術エンパニ®から生まれた高難易度縮毛矯正基本攻略技術美髪矯正シルクレッチ®の導入店のご紹介となります。

東京美髪研究所推薦全国美髪矯正シルクレッチ®導入店

美髪矯正シルクレッチ®と縮毛矯正の違い

美髪矯正シルクレッチ®は、美髪を作りこむ髪質改善システム、お客様は、2時間ほどで美髪になってしまいます。しかし、毛髪が固く癖がある方などは、縮毛矯正剤などを使用する縮毛矯正技術になります。癖が強い、または、髪が硬い方は、毛髪を一旦柔らかくさせる薬品が必要となり、またその毛髪環境を整えるアイロン技術も必要となります。この部分を行わない美髪矯正は、低料金でご奉仕できる内容となります。本技術を習得した美容師は、この法則を使い、カラーもデジパーもパーマでも美髪に向かわせる環境を整えながら毛髪を処理できます。さて、こんな環境でサロン内では、毛髪の正しい法則が技術者に身についていきます。時短であり安価な料金、継続する美髪効果!お客様の反応はかなりのもので、サロンが潤いながらしっかり技術者は、縮毛矯正までも攻略する優れものの技術なのです。

癖がない髪を美髪矯正する。

東京美髪研究所推薦全国美髪矯正シルクレッチ®導入店

ツヤ感やボリュームダウンを得ることができる、カラーのダメージホールもなくなり、バサバサが消えます。

東京美髪研究所推薦全国美髪矯正シルクレッチ®導入店

縮毛矯正を行わなければならない髪

東京美髪研究所推薦全国美髪矯正シルクレッチ®導入店

こちらは、縮毛矯正ではないと、綺麗にできない髪

東京美髪研究所推薦全国美髪矯正シルクレッチ®導入店

縮毛矯正失敗の原因

縮毛矯正の失敗を起こす原因は、自分の判断から想定できる結果が正しくない知識だということになります。既にダメージを負った毛髪に対して、どうなるかをしっかり判断する力、美髪矯正シルクレッチ®は、そんな部分を営業中にしっかり、この技術を受けるお客様の毛髪で事故なく学べるのです。お客様が喜び、美容師のサロン経営も支えられ、技術者も縮毛矯正を攻略してしまう画期的なシステムです。

東京美髪研究所推薦全国美髪矯正シルクレッチ®導入店

縮毛矯正失敗の原因を細かく言うと、薬品をメーカーに言われた環境で安易に使用してしまう事。基本、アイロン技術がダメで、滑るアイロン工程を行っていることが結構原因なのに、技術者は、薬品に頼ろうとしてしまいます。毛髪を整えて完璧な形を定着させるには、美容師が毛髪をコントロールできていなければならないのです。本当に毛髪を感じた美容師のみが本当の髪の意味を知り失敗を起こさなくなるというわけです。

失敗隠しの縮毛矯正

 失敗隠しの縮毛矯正というのは、初めから、ダメージを想定して、ミネラルやカモフラージュできる成分を毛髪に与えるものです。ダメージがあるから必要なこととなります。よく艶々ミネラルとかいうような宣伝ありますよね!タンパク質がとか・・・高分子とか、ナノとか、でもエンパ二は、単純な薬品を使い美髪を作りこめる美容師を育てています。失敗しない美容師です。出来ています。結局、ダメージを起こす技術であれば、トリートメント効果など一切いらないのです。いると言って、余計なものを美容業界に流し込むメーカーは、本当に地球環境を考えて仕事をしているとは思えないという事になります。

東京美髪研究所推薦全国美髪矯正シルクレッチ®導入店